社員の声
土木部 M・H
職種:技術職
担当業務:土木施工管理
技術本部 土木部 主任補 工学部社会環境工学科 卒業 入社日 2013年4月

仕事内容

仕事内容

私の仕事は、工事現場の現場監督です。

現場監督というのは、水道工事の現場における「品質・安全・予算・工程」を管理することで、私は特に「品質・安全」をメインに管理しています。

今配属されている現場は、夜間の工事ですので、日中、第三者が工事現場付近を通って危険にならないかを想定しながら、安全管理をしています。

特に現場付近に住宅がありますので安全に工事を完了させるため、細心の注意を払いながら管理をしています。

入社の動機

地元は静岡、大学は群馬でしたが、東京のゼネコンに入社するために就職活動をおこなっていました。

但し、大手企業は仕事が分担されているので、もっと複数の仕事に携われる中堅企業を目指しておりました。

そんな中、就職活動中に見つけた情熱社長のバナーを見て、社長の経営理念に惹かれて入社したのが理由です。

実際、当社は1から10まで仕事に携われるので、入社できてとても良かったと思っています。

目標

目標

私は、仕事で橋や下水道やダムなどのインフラに携わりたくて大学では土木を専攻しました。

現状は未だ所長の次席という立場ですが、経験を積み、1級土木施工管理技士を取得して知識を付けた上で所長を目指していきます。

そして、様々な現場に携わり、ゆくゆくは、知識面でも経験面でも分からないことが何もないような現場監督になりたいと思っています。

休日の過ごし方

家にじっといるタイプではないので、映画を観に行ったり、外に飲みに行ったりすることが多いです。

同期や大学時代の仲間と飲むことが多いですね。

映画はSF、アクションなど、日常ではあり得ないようなタイトルを観に行きます。

SFやアクションの圧倒される点は、橋・ダム・下水道など、ダイナミックな土木技術に近いものを感じます。

学生へのメッセージ

学生の皆さんには、自分が納得できる会社を選び、悔いのない就職活動をして頂きたいと思います。

社会人になってから嫌なこと・辛いことはあるでしょうが、「自分が決めた会社」だと思えば乗り越えられるものです。

たとえそれが他人に勧められた会社であっても、人のせいにせず「自分が決めた」と思って直ぐには辞めずに、がんばっていって欲しいと思っています。